A.Nさん

設計の仕事の内容を教えてください

 CADソフトを使って紙器の設計をしています。形が決まっていれば、ある程度展開のパターンが決まっているので、頭で整理してから図面を作図していきます。迷った時には、とりあえずいくつか作図し、良いものを選択するようにしています。簡単なものであれば、入社してから1年程で、打ち合わせから生産まで携われると思います。
 特有の難しさがあるのは化粧品什器です。他の商品と違って美粧性が高く、見た目の美しさが問われるので悩むことも多いです。チームで動いているので、一人で悩まなければいけないわけではありませんから、安心してください(笑)。

トーエイに入社したきっかけは何ですか?

 学生の頃は、メディアデザインを勉強していました。哲学的、抽象的な内容だったので、就職活動をするときに困ってしまって…。
 紙が好きなので「紙を扱う仕事がしたい」と大学の就職支援センターでトーエイを紹介してもらいました。今思うとずいぶんざっくりしていましたね。トーエイが扱っているPOPという分野は入社してから知りました(笑)。

どんな新入社員でしたか?

 本当に何も知りませんでした。仕事の仕方はもちろん、社会のルールやマナーも何も知らなくて。
 まずは、図面の描き方、アプリケーションの使い方、箱の展開図の考え方、作り方など研修で覚えていきました。小学生のときにサイコロの展開図を作ったと思いますが、正解は一つではないですよね。いろいろな角度から素材や構造を考えていく訓練をしました。
 同時に社会のルールやマナーも教えてもらいました。トーエイには「職場マナーハンドブック」というものがあります。電話のかけ方、メールの書き方、服装や挨拶、名刺交換や社内文書の書き方など細かく書いてあります。できなくても根気よく教えてもらって今があります。

会社の様子を教えてください

 フランクな会社です。仕事に行き詰ったときは、担当は関係なく、まわりの上司、同僚、後輩に相談できます。クリエイティブな仕事ですから、あらゆる角度からあらゆるアイディアを出しあうことが大切で、それが良い結果につながります。
 残業はあります。ただし、トーエイでは残業がなくなるように社員同士で調整をしています。
 会社には5S委員があり、業務効率を高め品質を向上するために5S(整理、整頓、清潔、清掃、躾)を推進しています。整理整頓は仕事のクオリティーアップにもつながります。机や備品の棚が整理されていないと、資料や道具を探す時間が余計にかかります。それを少しでも削減して、短時間でよいものを作れるようにしたいということです。地道だけど大切なことに日々取り組んでいる会社です。